中古ドメインはお宝の山と知ってましたか?サイトを運営するなら検索上位になりたいですよね?新規サイトでは被リンク数を集めるのは大変です。中古ドメインなら被リンクを引き継げるので、一番のメリットといえます。そんな中古ドメインについて記します。

中古ドメインはお宝の山

2017年05月の記事一覧

中古ドメインで注意したい転送と類語

中古ドメインを利用して新規ウェブサイトやサテライトサイトの価値をあげようと試みる方が増えていますが、単に中古ドメインを適用しただけでは効果がでないケースが多いので注意が必要です。場合によっては検索サイトから無視されてしまう恐れもあります。中古ドメインを利用する際にもっとも注意したいのが検索サイトでの評価です。検索サイトでドメイン検索をすれば現在の評価がだいたい分かります。インデックスが表示されますからどのようなカテゴリやキーワードが認められているかが分かります。新規サイトやサテライトサイトではカテゴリの類語を中心にした構成にしたり、同じカテゴリであってもサブカテゴリは若干変えるなどドメインの評価を引き継ぎながら変えることも可能になってきます。ただし、リンクについては厳守する必要があります。リンクが切れていれば転送されませんから最悪インデックスが削除されます。インデックスの削除のタイミングははっきりしませんが、新しいサイトが登場するとインデックスの再検討が始めることが多いと考えられています。そのため、リンクなどをインデックスから調査したらすぐにコンテンツへの対応をし、公開前にリンクを転送できる状態にしておくことが大事です。中古ドメインについてはメールアドレスのブラックリストに入っていないかも要チェックです。検索サイトでインデックスが無い場合もブラックリスト化されている可能性が高いですが、その場合、真っ先にメールアドレスのブラックリストをチェックしたいものです。ブラックリストに入っているとほぼドメインの価値はありません。また、載っていないのにインデックスされていない場合はドメイン履歴を確認してウェブサイトで利用されていたかを確認したいものです。

続きを読む